遺産分割調停・審判

1 遺産分割調停の流れ

遺産分割調停では、次の6つの事を①から順に協議していくことになります。

 

①遺言の有無の確認

②相続人の範囲の確定

③遺産の範囲の確定

④遺産の評価の確定

⑤寄与分・特別受益の確定

⑥分割方法の確定

 

2 遺産分割を調停により進めるメリット・デメリット

遺産分割を調停により進めるメリットは、遺産分割交渉に比べて、

①検討事項に漏れが生じにくいこと

②感情的な議論になりにくいこと

③法律的に合理性のある合意になりやすいこと

が挙げられます。

 

一方、遺産分割を調停により進めるデメリットは、遺産分割交渉に比べて、

①長期化する可能性があること

②費用が高くなりやすいこと

③裁判手続を利用することで親族間に感情的な溝が生まれやすいこと

が挙げられます。

 

遺産分割調停は、最終的には審判という形でも解決されることがあるため、確実に遺産分割を成立させるためには非常に有効な手段です。

すでに親族間の意見に食い違いがあるような場合には、遺産分割調停により話を進めることが良いでしょう。

 

3 遺産分割調停を上手に進める方法

遺産分割調停においては、裁判官や調停委員に対し、自らの考えを正しく伝えて理解してもらうことが重要です。

このような裁判手続きにおけるコミュニケーションは、専門的な知識や経験が必要なところですので、遺産分割調停を多く経験している弁護士に調停対応を依頼することをお勧めいたします

 

PAGE TOP
受付時間:平日9時~20時 土日10時~18時