遺留分について

1 遺留分とは

遺留分とは、相続人に認められた最低限の遺産取得分をいい、遺言などにより十分な財産の承継が受けられない相続人において問題となります

 

例えば、遺言において、「全財産を妻○○○○に相続させる。」とある場合、遺言者の子供は、法律上の相続分に従った財産の承継は受けられません。このような場合に、子供らの相続人としての地位を保護するため、法律は遺留分を定め、「妻」(子供らの母)に対し、遺留分減殺請求をすることを認めています

 

遺留分の額は、概ね法定相続分の半分ほどになりますが、正確な額については、その都度、算定式に基づき計算する必要があります

 

2 遺留分減殺請求

遺留分減殺請求とは、遺留分を侵害されている相続人が、遺留分を侵害している受遺者等に対し、その侵害額を請求することをいいます。

 

遺留分減殺請求権には、次のような民法の定めから明らかなように、一年間の請求期限があります。

 

民法第1042条

減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。

 

この請求は、一年以内に内容証明などで送付すれば足りますが、その通知書には、遺留分の内容などを明確にする必要がありますので、通知書の内容は一度弁護士に相談されることをお勧めいたします

 

また、遺留分減殺請求をする場合、それを主張する側がこれを立証する必要がありますので、一度弁護士のご相談の上、手続きを検討されることをお勧めいたします

 

PAGE TOP
受付時間:平日9時~20時 土日10時~18時