誰が相続人になるかについて

1 指定相続分と法定相続分

相続分とは、相続財産に対する各相続人の持分を意味します。

相続分は、民法上、被相続人が遺言で指定することができ、また、被相続人が遺言で相続分の指定を第三者に委託することもできます(民法902条1項)。

このような被相続人による相続分の指定がない場合には、法定相続分という民法上の相続分に従うことになります(民法900条)。

2 法定相続分

被相続人の配偶者は常に相続人となり、その他に被相続人の子、直系尊属、兄弟姉妹が相続人になる可能性があり、被相続人の子が第一順位、直系尊属が第二順位、兄弟姉妹が第三順位になります。

 

相続人 法定相続分
配偶者のみ 配偶者:全部
配偶者と子 配偶者:2分の1 子:2分の1
配偶者と直系尊属 配偶者:3分の2 直系尊属:3分の1
配偶者と兄弟姉妹 配偶者:4分の3 兄弟姉妹:4分の1
子と直系尊属 子:全部 直系尊属:0
直系尊属と兄弟姉妹 直系尊属:全部 兄弟姉妹:0
兄弟姉妹のみ 兄弟姉妹:全部

 

3 具体例

例えば、Aが亡くなり、親族として、配偶者Bの他に、AとBの子C及びD、Aの母E、Aの弟Fがいるとします。この場合の相続人及びその法定相続分は次のようになります。

 

親族 相続人 法定相続分
配偶者B 相続人になる 2分の1
子C 相続人になる 4分の1(2分の1の半分)
子D 相続人になる 4分の1(2分の1の半分)
母E 相続人にならない
弟F 相続人にならない

 

PAGE TOP
受付時間:平日9時~20時 土日10時~18時